HOME>アーカイブ>好きだからと言って、素人感覚でやるものではない

プロダクション直結かそれ以外か

絵を描く

アニメ声優を目指すのであれば、声優専門の学校に通うことです。素人感覚では演技を学ぶことが出来ませんので、声優要請を主体とした専門学校に通うことです。一般的には声優養成所と言われています。入学するためには、高校卒業が必要最低ラインですので、まず高校を卒業しないといけません。特徴的なのが、オーディションがなく定員数も多いのも特徴です。入学試験はありますが、入学できれば二年間の声優としての演技力指導が始まります。ただ、一般的な専門学校と違うのは平日のみのスクールと土日のみのスクールの二種類あります。土日のみのスクールは、社会人向けです。次に、養成所も声優プロダクション直営のものと独立系のプロダクションの二通りあります。声優プロダクション直営であれば、講師としてプロダクション所属の声優が来ますので生きた演技指導を受けることが出来ます。設備も充実していますので、充実した勉強ができます。

必ずしも声優になるとは限らない

描く人

アニメ声優を目指して、専門学校を通うことになりますが、卒業したら声優になるとは限りません。プロダクション直営のところの場合は、卒業試験がプロダクションへのジュニア預かり採用判定も兼ねています。ここで合格を得られればプロダクション預かりとなり、一定期間在籍してジュニア所属、さらにその期間で実績を残せば晴れて正所属となり声優としてのスタートラインに立つことが出来ます。合格を得られなかった場合は、他の声優プロダクションのオーディションを受けることになります。独立系の場合は、養成所にオーディション参加の知らせが届き自力で参加しないといけません。ここで合格を得られれば預かりとなります。つまり、声優を目指すのであれば専門学校に入るしかありません。

広告募集中